三菱自のヒット車が不具合、復活また遠のく

久々のヒット車の電池が溶け、国内販売に痛撃

国内販売で苦戦が続く三菱自動車がまた大きな失点だ。

三菱自は3月27日、2013年1月に発売したプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」のリチウムイオン電池の一部が熱で溶ける不具合が発生したことを発表した。

不具合が発覚したのは3月21日。神奈川県内の販売店で、登録前の在庫車両を、納車準備のため満充電にして1日放置した後、移動させようとした。その際に異臭が発生、車両を確認した結果、駆動用電池パックの一部に溶けて損傷した跡が見つかった。

PHVは家庭用電源で充電することができるハイブリッド車(HV)。エンジンとモーターの併用だけでなく、電池によるモーターのみでも走行できる。HVよりさらに燃費が優れ、電気自動車(EV)のような電池切れの心配もない。

同じ27日に三菱自は、3月18日に水島製作所(岡山県倉敷市)で検査のため充電中だったEV用のリチウムイオン電池パックが異常過熱し、火災が発生していたことも明らかにした。

次ページ国内販売に痛撃
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT