三菱自のヒット車が不具合、復活また遠のく

久々のヒット車の電池が溶け、国内販売に痛撃

国内販売で苦戦が続く三菱自動車がまた大きな失点だ。

三菱自は3月27日、2013年1月に発売したプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」のリチウムイオン電池の一部が熱で溶ける不具合が発生したことを発表した。

不具合が発覚したのは3月21日。神奈川県内の販売店で、登録前の在庫車両を、納車準備のため満充電にして1日放置した後、移動させようとした。その際に異臭が発生、車両を確認した結果、駆動用電池パックの一部に溶けて損傷した跡が見つかった。

PHVは家庭用電源で充電することができるハイブリッド車(HV)。エンジンとモーターの併用だけでなく、電池によるモーターのみでも走行できる。HVよりさらに燃費が優れ、電気自動車(EV)のような電池切れの心配もない。

同じ27日に三菱自は、3月18日に水島製作所(岡山県倉敷市)で検査のため充電中だったEV用のリチウムイオン電池パックが異常過熱し、火災が発生していたことも明らかにした。

次ページ国内販売に痛撃
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。