スタバがステビアを使用した甘味料を提供

米・カナダ一部店舗で

 9月6日、米コーヒーチェーン大手スターバックスは、米国とカナダの一部店舗で、植物由来の「ステビア」をベースにしたカロリーゼロの甘味料を提供すると発表した。写真はロゴ、ニューヨークで6月撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[6日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス<SBUX.O>は、米国とカナダの一部店舗で、植物由来の「ステビア」をベースにしたカロリーゼロの甘味料を提供すると発表した。

米国とカナダの9000店近くで、ホール・アース・スウィートナー社による甘味料の袋「ナチュラル・スウィート」が提供される。スターバックスが米州地域で展開する直営店とライセンス店舗は、6月時点で1万5300店。

「ナチュラル・スウィート」はラカンカの抽出物も含まれ、人工化学物質や遺伝子組み換え物質は使用されていない。

植物由来の原料を求める消費者が増えていることから、人工甘味料に対する需要は鈍化している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT