スタバがステビアを使用した甘味料を提供

米・カナダ一部店舗で

 9月6日、米コーヒーチェーン大手スターバックスは、米国とカナダの一部店舗で、植物由来の「ステビア」をベースにしたカロリーゼロの甘味料を提供すると発表した。写真はロゴ、ニューヨークで6月撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[6日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス<SBUX.O>は、米国とカナダの一部店舗で、植物由来の「ステビア」をベースにしたカロリーゼロの甘味料を提供すると発表した。

米国とカナダの9000店近くで、ホール・アース・スウィートナー社による甘味料の袋「ナチュラル・スウィート」が提供される。スターバックスが米州地域で展開する直営店とライセンス店舗は、6月時点で1万5300店。

「ナチュラル・スウィート」はラカンカの抽出物も含まれ、人工化学物質や遺伝子組み換え物質は使用されていない。

植物由来の原料を求める消費者が増えていることから、人工甘味料に対する需要は鈍化している。

人気記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 卒業 さや姉の克己心
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。