スタバがステビアを使用した甘味料を提供

米・カナダ一部店舗で

 9月6日、米コーヒーチェーン大手スターバックスは、米国とカナダの一部店舗で、植物由来の「ステビア」をベースにしたカロリーゼロの甘味料を提供すると発表した。写真はロゴ、ニューヨークで6月撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[6日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックス<SBUX.O>は、米国とカナダの一部店舗で、植物由来の「ステビア」をベースにしたカロリーゼロの甘味料を提供すると発表した。

米国とカナダの9000店近くで、ホール・アース・スウィートナー社による甘味料の袋「ナチュラル・スウィート」が提供される。スターバックスが米州地域で展開する直営店とライセンス店舗は、6月時点で1万5300店。

「ナチュラル・スウィート」はラカンカの抽出物も含まれ、人工化学物質や遺伝子組み換え物質は使用されていない。

植物由来の原料を求める消費者が増えていることから、人工甘味料に対する需要は鈍化している。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。