ユニクロ、国内既存店5カ月ぶり減少の理由

8月は気温の低下や台風上陸などが逆風に

 9月2日、ファーストリテイリング は2日、8月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比1.0%減少したと発表した。写真は都内で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T> は2日、8月の国内ユニクロ既存店売上高が前年同月比1.0%減少したと発表した。減少は、3月以来5カ月ぶり。気温が低かったことや、台風上陸などが影響した。

客数は同1.6%減、客単価は0.6%増だった。ダイレクト販売と直営店の合計では、0.2%増と8カ月連続プラスとなっている。

2016年8月期は前年同期比0.9%増で4期連続でプラスとなった。客数は同4.6%減、客単価は同5.8%増だった。下期(3―8月期)を見ると、既存店売上高は4.9%増で、客数が2.6%減、客単価が7.7%増だった。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT