街中に隠された本を探す「ブックGO」とは?

ベルギーの小学校の校長先生が考案

[ブリュッセル 26日 ロイター] - ベルギーでは今、小学校の校長先生が「ポケモンGO」からヒントを得て考案した企画が大人気だ。これは、参加者がポケモンの代わりに街中に隠されている本を探すというゲーム。

フェイスブックの「Chasseurs de livres(ブック・ハンター)」というグループに参加している人は、投稿された本の表紙やヒントをもとに街中に隠されているこの本を探す。本を見つけて読み終えたら、また、他の場所に隠す。

このゲームを企画したAveline Gregoireさんは「本を整理していたら、しまっておく十分な場所がないことに気が付いた。ポケモンGOで子どもと遊んだことを思い出し、本を放出するアイデアが浮かんだ」と語っている。数週間前に始めたこのゲームだが、今や4万人以上がグループに登録している。

隠されている本は、子ども向けの絵本からスティーブン・キングのホラー小説まで様々。雨にぬれてもいいよう、たいていクリアケースに入れられている。朝の散歩中に本を探すことが日課になっている人もいるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT