街中に隠された本を探す「ブックGO」とは?

ベルギーの小学校の校長先生が考案

[ブリュッセル 26日 ロイター] - ベルギーでは今、小学校の校長先生が「ポケモンGO」からヒントを得て考案した企画が大人気だ。これは、参加者がポケモンの代わりに街中に隠されている本を探すというゲーム。

フェイスブックの「Chasseurs de livres(ブック・ハンター)」というグループに参加している人は、投稿された本の表紙やヒントをもとに街中に隠されているこの本を探す。本を見つけて読み終えたら、また、他の場所に隠す。

このゲームを企画したAveline Gregoireさんは「本を整理していたら、しまっておく十分な場所がないことに気が付いた。ポケモンGOで子どもと遊んだことを思い出し、本を放出するアイデアが浮かんだ」と語っている。数週間前に始めたこのゲームだが、今や4万人以上がグループに登録している。

隠されている本は、子ども向けの絵本からスティーブン・キングのホラー小説まで様々。雨にぬれてもいいよう、たいていクリアケースに入れられている。朝の散歩中に本を探すことが日課になっている人もいるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。