サムスン電子が中古スマホの販売を計画か

新興国市場でのシェア拡大につながる可能性

 8月22日、関係筋によると、韓国のサムスン電子は中古スマホの販売プログラムを来年初めにも始める計画。写真はソウルで7月撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル/シンガポール 22日 ロイター] - 関係筋によると、韓国のサムスン電子<005930.KS>は中古スマホの販売プログラムを来年初めにも始める計画。

最新のスマホにアップグレードした顧客が返品したハイエンドのスマホを点検・修理した後に、値段を下げて販売することを計画しているという。

ハイエンドのスマホが800ドル以上するインドなどの新興国市場でサムスンのシェア拡大につながる可能性がある。

2017年初めにも詳細をつめて最終決定する見通しという。

中古品販売により新興国市場で中間価格帯のスマホ販売が増加し、シェアを維持することができる。また、セキュリティ関連ソフトなどがプリインストールされた社員向けスマホを求める法人顧客などの需要が期待できる、と関係筋は指摘する。

一方で、サムスンの他の中間価格帯の端末とシェアを奪い合う可能性もある。

サムスンはコメントを拒否している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT