ソフトバンク、今年度に1兆円調達目指す

活用する「ハイブリット社債」とは?

 8月2日、ソフトバンクグループは2016年度中にハイブリッド社債の発行で総額1兆円を調達する方針を決めた。写真は都内で2014年12月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 2日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は2016年度中にハイブリッド社債の発行で総額1兆円を調達する方針を決めた。格付けをき損しにくいハイブリッド社債の大型発行で、資本基盤の強化をめざす。

同社は先に英半導体設計会社ARMホールディングス<ARM.L>を約3兆3000億円で買収する計画を発表しているが、その費用は手元の自己資金のほか、みずほ銀行からの1兆円のつなぎ融資でまかなう方針。ソフトバンクの広報担当者は、今回の起債による資金調達はARM買収のためではないとしている。

今回の起債について、市場では「格下げは調達コストにも影響し、関係会社からの評価も下がるため、資本性がある(ハイブリッド社債での)調達を選んだのだろう。5000億円ほどの外債も出すのではないだろうか」(証券会社の資本市場部長)との見方がでている。

*字句を追加して再送します。

 

 

(山崎牧子 間一生)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。