ユニバーサル対朝日、比カジノ報道で白熱

ロイター提訴に続き「法的措置」を示唆

同紙の記事ではさらに、取締役会決議書には「この費用の支払いに同意し、承認することを決議する」と記載されているうえ、アルゼUSAの取締役を兼務する岡田和生・ユニバーサル会長と岡田知裕・ユニバーサル取締役が署名したという、同社元幹部の証言を紹介。ユニバーサル首脳があたかもカジノ疑惑に関与したかのような印象を与える内容となっている。

元従業員のPCから見つかったのは…

この記事に対してユニバーサルは、今回の再反論のリリースで、(1)決議書はアルゼUSAにおいて適式な手続きを経た書面としては存在していない、(2)アルゼUSAにおける意思決定に関する書類はすべて親会社(ユニバーサル)が把握するとともに、NGCB(ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボード)への提出が義務付けられているがそこへのファイリングもなされていない、と説明。言外に決議書は“偽造”されたもの、とのニュアンスを匂わせている。

その例証の1つとして、ユニバーサル側では、同社の元従業員が、議事録起案担当者と不可解なメールのやりとりを通じて、当該担当者に明らかに事実に反する内容の議事録を作成させていた形跡が発見されたことを挙げている。

また、同社が同じ8日に発表した別のリリースでは、今年1月に同社が設置した「第三者委員会」の調査の過程で次のような事実が明らかになった報告した。

次ページ朝日に証拠提出を要求したが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT