パナが買収?スロベニア家電のゴレニア

10.74%の持ち分を拡大か

 7月25日、スロベニアの家電メーカー、ゴレニアは、パナソニックが9月末までにゴレニアのデュー・デリジェンス(資産評価)を実行できる契約を同社と結んだと発表した。パナソニックによる同社買収につながる可能性があるという。写真はパナソニックのロゴ、2015年10月幕張で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[リュブリャナ 25日 ロイター] - スロベニアの家電メーカー、ゴレニア<GORE.LJ>は25日、パナソニック<6752.T>が9月末までにゴレニアのデュー・デリジェンス(資産評価)を実行できる契約を同社と結んだと発表した。パナソニックによる同社買収につながる可能性があるという。

ゴレニアは、パナソニックがデュー・デリジェンスなどを通じ、「ゴレニアへの出資拡大に向けた提案を行う可能性も、行わない可能性もある」とした。

両社はまた、パナソニックがゴレニアを「実質的に支配する場合」にゴレニアに求められる「将来の役割」についても合意したという。

パナソニックはゴレニア株の10.74%を保有。ゴレニアの時価総額は約1億6100万ユーロ(1億7700万ドル)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。