パナが買収?スロベニア家電のゴレニア

10.74%の持ち分を拡大か

 7月25日、スロベニアの家電メーカー、ゴレニアは、パナソニックが9月末までにゴレニアのデュー・デリジェンス(資産評価)を実行できる契約を同社と結んだと発表した。パナソニックによる同社買収につながる可能性があるという。写真はパナソニックのロゴ、2015年10月幕張で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[リュブリャナ 25日 ロイター] - スロベニアの家電メーカー、ゴレニア<GORE.LJ>は25日、パナソニック<6752.T>が9月末までにゴレニアのデュー・デリジェンス(資産評価)を実行できる契約を同社と結んだと発表した。パナソニックによる同社買収につながる可能性があるという。

ゴレニアは、パナソニックがデュー・デリジェンスなどを通じ、「ゴレニアへの出資拡大に向けた提案を行う可能性も、行わない可能性もある」とした。

両社はまた、パナソニックがゴレニアを「実質的に支配する場合」にゴレニアに求められる「将来の役割」についても合意したという。

パナソニックはゴレニア株の10.74%を保有。ゴレニアの時価総額は約1億6100万ユーロ(1億7700万ドル)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT