日揮、アルジェリア生存者の証言

丸1日部屋にこもり、顔を隠して逃げた

アルジェリア人質事件で多数の犠牲者が出た日揮は、25日昼に横浜本社で開いた会見の席上、ある生存者による証言を報道陣に公開した。

16日に生存が確認された日本人による証言で、今回の帰国前に本人から電話で当時の状況を聞き取ったものだという。広報・IR部長の遠藤穀氏(=写真=)が読み上げたその証言からは、襲撃事件発生時の緊迫した現場の様子がうかがえた。

内容は以下のとおり(証言内の日時は現地時間)。

「部屋にいろ!」 鳴り響いた銃声

1月16日の朝5時40分ごろ、日揮キャンプ(宿舎)の部屋の中にいたところ、サイレンが鳴り、何か起きたと思った。ドアを開けたら「ステイルーム!(部屋にいろ!)」という声が聞こえたので、部屋にこもった。その後、外から銃声のようなものがかなり聞こえていたが、自分の目では見てはいない。

6時半から8時ごろ、近くの部屋と思われるところで「オープン・ザ・ドア!(ドアを開けろ!)」という声が聞こえ、銃声も聞こえた。9時ごろヘリコプターの音が聞こえ、軍隊が助けに来たと思った。日中のはっきりとした時間は分からないが、銃声音が鳴り響いていた。

次ページ生死を分けたポイントは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。