豪州次期潜水艦は、すべて同国内で建造へ

フランス首相が言明

 5月2日、フランスのバルス首相は、政府系造船企業DCNS社が共同開発相手に選ばれたオーストラリアの次期潜水艦をめぐり、すべての潜水艦がオーストラリアで建造されると述べた。写真はパリで4月撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[キャンベラ 2日 ロイター] - フランスのバルス首相は2日、政府系造船企業DCNS社が共同開発相手に選ばれたオーストラリアの次期潜水艦をめぐり、すべての潜水艦がオーストラリアで建造されると述べた。

ターンブル豪首相は先週、次期潜水艦の共同開発相手の選定作業で、フランスが日本とドイツを破ったと発表した。

バルス首相はニュージーランド訪問の途中でオーストラリアに立ち寄り、ターンブル首相と会談。その後通訳を通じて記者団に対し、DCNSとオーストラリアが結ぶ契約の内容を自身が確認すると説明。「できるだけ早期にこの契約をまとめたい」と述べた。

その上で「われわれはコミットメントすべてを果たす。オーストラリアの選定にあたっては12の潜水艦をオーストラリアで建造するということになっていた。それがわれわれの合意の基礎だった」とした。

DCNSのトップであるエルベ・ギユー氏は先週、今回の合意によりフランスの造船所で約4000人の雇用が創出されると発言。国内で建造されることが当然視されていたオーストラリアでは驚きの声が広がっていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT