”ドル箱”中国に足止めを食らうコマツ

補修部品の販売を含むコマツの今期の鉱山機械の売上高は、6240億円(前期比12.6%増)を見込む。藤塚常務は「今期は心配していないが、来期以降の新車需要はそれほど強くないだろう」と先行きに懸念を示した。

一方、その他の市場は好調だ。日本、北米向けは好調を維持し、中南米、オーストラリア向けの上期売上高は過去最高を記録。コマツは、需要が旺盛な地域で中国やインドネシアの落ち込みを補えそうだ。

コマツは今2013年3月期見通しである売上高1兆9700億円(前期比0.6%減)、営業利益2620億円(同2.2%増)の微増益計画は据え置いているものの、かつての”ドル箱”は輝きを失いつつある。

(長谷川 愛 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。