外資系の流儀 佐藤智恵著

外資系の流儀 佐藤智恵著

MBA(経営学修士)取得を機に外資系企業に就職した著者が、自らの経験を基に、その実態と仕事術を説く。

外資系というと、高学歴のエリートで、高級なスーツを着て、さっそうと肩で風を切るエグゼクティブなイメージがあるが、それは幻影でしかないようだ。実態は、日本企業以上に残業があったり、絶対不可侵なヒエラルキーがあったり、社内政治が横行していたり、福利厚生がほとんどなかったりする。

本書には、そんな外資系の過酷な実態が描かれる。しかし外資系でしか味わえない醍醐味もある。自分の仕事が世界とつながっているというグローバル感と、うまくいくと成果が巨額な所得となって入ってくることなどだという。

新潮新書 756円

  

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。