外資系の流儀 佐藤智恵著

外資系の流儀 佐藤智恵著

MBA(経営学修士)取得を機に外資系企業に就職した著者が、自らの経験を基に、その実態と仕事術を説く。

外資系というと、高学歴のエリートで、高級なスーツを着て、さっそうと肩で風を切るエグゼクティブなイメージがあるが、それは幻影でしかないようだ。実態は、日本企業以上に残業があったり、絶対不可侵なヒエラルキーがあったり、社内政治が横行していたり、福利厚生がほとんどなかったりする。

本書には、そんな外資系の過酷な実態が描かれる。しかし外資系でしか味わえない醍醐味もある。自分の仕事が世界とつながっているというグローバル感と、うまくいくと成果が巨額な所得となって入ってくることなどだという。

新潮新書 756円

  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。