悪路でもハンドルが取られない日産の新技術

車が人を乗り越える?

 

テストカーによる実演では、静止した障害物にぶつかる直前、またものかげから飛び出してきた人形にぶつかる寸前に、自動的な急ハンドルを切って衝突を回避した。一般のドライバーではとてもできないほどの急ハンドルだ。車そのものにとっては十分追従できる急ハンドルだが、人間がやるにはプロドライバー並みの運転が必要だという。

これまでは、車はハンドルを握ったドライバーの言いなりに動く存在だった。だがこれからは、車が人の「意のままの運転」を支えるだけでなく、場合によっては自ら判断して動く。研究・開発担当の山下光彦副社長は、「これからは『人が全部やる』というのではなく、『車が人を乗り越える』という考え方も取り入れないといけない」と語る。

(タイトル横の写真がバイ・ワイヤ式操舵システム。ハンドルとタイヤは3台の電子制御ユニット(写真中央の3つの銀色の箱)を経由してケーブルで結ばれている。ハンドルとタイヤを直接つないでるステアリングシャフトは緊急時のみ動作する)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT