悪路でもハンドルが取られない日産の新技術

車が人を乗り越える?

 

通常の運転感覚からすると、本来ハンドルが取られるべきところでハンドルが取られないため、違和感がある。実車に装備するにあたっては、どのような情報をフィードバックさせるかなど、細かなチューニングがポイントになりそうだが、この操作感覚にいったん慣れてしまえば、手放せなくなりそうだ。

なお、万が一、電気が供給されなくなった場合は、緊急時用に装備しているステアリングシャフトが機能し、ハンドルとタイヤが従来と同様に機械的につながる仕組みとなっている。

まずは高級車から採用するバイ・ワイヤ操舵だが、量産化すればさほどコストアップになる部品でもないため、いずれ量販車種にも導入する方針だ。

一方、「緊急操舵回避支援システム」は、衝突寸前に自動でハンドルを切って衝突を避ける安全技術だ。急な飛び出しなど、ブレーキを急いで踏んでも(あるいは自動ブレーキシステム[日産では1年以内に実用化予定]が動作しても)間に合わない状況で、周囲の空きスペースに向けて自動操舵を行う。

障害物の前で自動ブレーキをかける技術であれば、前方の情報だけを検知し、それがある場合にブレーキをかければいい。だが、操舵回避の場合は、ハンドルを切ったはいいが、その先で障害物にぶつかっては意味がない。センシング技術ははるかに高度のものが要求され、静止物・移動物を問わず周囲の情報をつねに検知していないといけない。そのために、レーダーとカメラ、レーザースキャナーを用いて周囲の情報を検知している。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT