クミアイ化学が農家の「常備薬」狙い、創業以来最大級の殺菌剤

クミアイ化学が農家の「常備薬」狙い、創業以来最大級の殺菌剤

農薬専業大手、クミアイ化学工業は10月10日、同社としては最大級の新製品の販売を開始した。

新製品「ファンタジスタ」は、当社を発祥とするイハラケミカル工業と共同開発した、新規化合物ピリベンカルブを有効成分とする野菜、果樹用殺菌剤。通常は2~3作物に対する効果が確認された段階で農薬登録申請をするのだが、ファンタジスタは20作物40病害への効能を謳っていることから、満を持しての投入ということがわかる。名前には、オールラウンドにゲームをコントロールするサッカー選手のようになってほしい、という願いが込められている。

新規化合物のピリベンカルブは既存のストロビルリン剤の基本構造を変換して得られたもので、病原菌の呼吸は阻害するが、植物など生物にはそれほど影響しないため安全性が高い。また、新しい構造を持つため既存の薬剤耐性菌にも効くなどの特徴がある。

野菜、果樹用の殺菌剤は10~14日間隔で散布する必要があり、同じものをまき続けると菌に耐性ができるため、基本となる基幹剤とほかの殺菌剤でローテーションを組んで散布することになる。基幹剤といえるほどの殺菌剤を持っていないクミアイ化学は、多くの作物と病害に効くファンタジスタを農家の「常備薬」的な農薬として販売する方針で、自社の既存製品を食う心配はないとしている。

クミアイ化学は3年後の年間売上高目標として、ファンタジスタを17億円、11月7日に販売を開始する、より耐性菌対策を施した「ファンベル」を3億円、計20億円の上乗せを見込む。自社原体ながら、イハラケミカルとの共同開発であるため、採算は完全自社原体の場合より下がるが、6億円程度の営業利益寄与は見込めるだろう。

今後は国内で適用拡大(ファンタジスタは稲、小麦など、ファンベルはすいか、メロン)を進めると同時に、韓国、ブラジルなど海外での農薬登録申請を準備し、育成に努める方針だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。