ソフトバンクが冬春向け新商品、スマートTVも

ソフトバンクが冬春向け新商品、スマートTVも

ソフトバンクモバイルは10月9日、2012年~13年の冬春商戦向けの新商品ラインナップを発表した。

スマートフォン端末はシャープの「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス)」や、富士通モバイルコミュニケーションズの「ARROWS A(エース) 201F」など6機種。すべて高速データ通信サービス「ソフトバンク4G」と、スマホを経由してパソコンなどをインターネットに接続できる「テザリング」に対応しているのが特徴だ。10日以降、順次発売される。さらに、エイベックスと協力した音楽や映像の配信サービス「UULA」(ウーラ)や、テレビ向けコンテンツ配信サービス「スマテレ」も発表した。

孫正義社長は発表会の冒頭から、同社の「つながりにくい状況が大きく改善してきた」と説明。東京・港区の一部地域の例を挙げ、「900メガヘルツ帯のサービス開始以降、圏外になりがちだった地点の電波状況も改善している」と話した。また、無線通信サービスの「Wi−Fi」スポットの数や、東海道新幹線の車内におけるLTE(次世代高速通信サービス)の通信状況を他社と比較しつつ解説し、ソフトバンクの優位性を強調。「今後も世界最高レベルのサービスを提供していく」と繰り返した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT