ツバキ・ナカシマが10月11日予定の新規上場を中止

ツバキ・ナカシマが10月11日予定の新規上場を中止

ベアリング用鋼球やボールネジなどを手掛ける機械部品メーカー、ツバキ・ナカシマは、24日、10月11日に予定していた東証への上場を延期すると発表した。9月5日に東証が上場を承認。公募はなく、筆頭株主・CJP TNホールディングス(米国・カーライルグループ)の保有株式売出しによる再上場を予定していたが、これを中止する。

ツバキ・ナカシマの主力製品はボールベアリング用の精密球。ボールペンのペン先や光通信用ガラスボールの製造も手掛けている。2007年まで東証・大証一部に上場していたが、TNNインベストメント(野村プリンシパルファイナンス子会社)を通したMEBOによって非上場化。その後、11年3月に、カーライルグループが野村プリンシパルファイナンスから、当社株を取得し、筆頭株主となった。

9月5日の上場承認時、会社側は、上場の理由を「海外体制の再構築、新製品開発など、MEBOの目的を達成し」、「経営目標(ROE15%~20%、自己資本比率30%~35%)に関して、適切なレバレッジを維持しながら成長投資を達成していくために、資金調達の多様化が重要であると判断したため」としていた。

上場延期の背景については、「最近の株式市場の動向など、諸般の事情を総合的に勘案したため」と説明している。

(小河 真与 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。