業界初のポイントサービスで商機広がる--住岡浩二・日立建機日本社長《キーマンを直撃》

6月下旬の開始から9月末までに複数取引をしていただいたお客さんに、10月からの下期にポイントが2倍になったり3倍になったりするのを実感してもらい、「日立建機日本に頼むと、ポイントが貯まっていろいろもらえるらしいぞ」と口コミで広がれば、複数取引が加速度的に増えるのではないかと期待しています。

--顧客からの反応はいかがですか。

お客さんからの評判は非常にいいです。現場の監督の人が、「ダイソンの掃除機はいくら貯めればもらえるんだ」と聞いてきたりしています。ポイントの商品への交換も、これまでに75件ありました。いろいろな商品をそろえましたが、いちばん多いのは食品です。家族の団らんに役に立っていると思うとうれしいですね。ポイントを喜んでいるのは、個人事業主の奥さんと事務員さんが圧倒的。社長は「ふーん、それはいいね」と言うくらいです。

--ポイントは販促にも活用できそうですね。

当初は入会の特別ポイントはありましたが、単純にお取引に対してポイントを付与ということだけでやっていました。その後は8月の新型ミニショベル発売に合わせ、購入で特別ポイント、ミニショベルのお客さんを紹介していただいたらまた特別ポイントというキャンペーンを行い、新規顧客が増えました。この夏は、日立建機製品以外の水中ポンプなどの購入でも特別ポイントが付くサマーキャンペーンをやりました。冬にはウィンターキャンペーンをやろうと思っています。

■ポイントは社員の発案

このようなキャンペーンは、全国の拠点の若い子が「こういうのをやりたい」と提案してきます。社員皆がやる気になってくれているのです。ポイント制度自体も社員の発案です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング