男たる者、まず女性をオルガスムに導くべし

性の真実を尋ねつづける鹿島茂が説く

しかし、現実には、男女ともセックスのこの第一原則を知らないから、セックスの数だけ「不満」が生じる。あんなに期待していたのにセックスってちっとも気持ちよくないじゃない、というわけだ。

とりわけ、オルガスムに達するのに手間暇がかかる女性においては、この不満が大きくなる。男性の中には挿入すればそれだけで女性がイクと思い込んでいる大馬鹿が多いが、これはとんでもない誤解である。挿入でオルガスムを味わえる女性の比率は10%を越えないのではないか。10人のうち9人の女性は、すくなくともインターコースではイッていないのである。

AVの99%はウソ

AVを観察するだけでそれは明らかである。インターコースで女性がオルガスムに達したところまで描いているAVは、私見によればわずかに1%に過ぎない。AVの99%はウソということになる。

ところが、日本の性教育はこのAVに拠っている。その結果、日本の男性のほとんどは、AVのようにすれば女性が喜ぶと信じているのである。嗚呼!

その結果、どうなるかといえば、女性のほとんどはインターコースでは自分はいけないと思い込み、どうせなら、オナニーの方が楽しい、ということになる。

いっぽう、男の方も、AVのように女性が喜ばないのでセックスはつまらないと思い、オナニーに回帰してしまうのである。かくて、男も女もオナニストばかりになる。少子化が起きるのもむべなるかなである。

では、どうすればいいのだろうか?

次ページセックスに求められることとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT