業績好調のリブセンス。村上社長が26歳の誕生日を迎える前に、今度は東証1部の最年少記録更新へ

マザーズ上場による認知度向上で顧客企業数が拡大したことに加え、価格改定(値上げ)の浸透、ユーザー数の増加による成約が順調に伸びているためだ。下期に入って、同社として初めてテレビCMを流すなどさらなる認知度の向上に努めている。今回の東証1部(あるいは東証2部でも)指定で認知度はさらにアップするだろう。

リブセンスは無借金で、順調な本業がキャッシュを生んでいる。ネットに特化した同社のビジネスでは資金調達の必要はない。現状では1部指定基準(2部でも)には株主数が満たないため、役員が持つ株式48万6600株を売り出しに回す。今回の市場変更は資金調達が目的ではないため新株発行は行わず、株式の希薄化はない。売り出し価格決定日(9月18日~21日のいずれか)以降に、1部か2部かが決まる予定だ。

村上社長は、「よい商品、よいサービスを作って多くの人にプラスの影響を与えること」と起業の動機を語っている。社会に与えられる影響が大きい東証1部を目指すのは既定路線だった。


◆リブセンスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(山田雄大 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。