ルネサンスがフィットネス業界初の建築士事務所開設、同業他社からの受注にも意欲

ルネサンスがフィットネス業界初の建築士事務所開設、同業他社からの受注にも意欲

DIC系で「スポーツクラブルネサンス」を運営するフィットネス業界大手のルネサンスが、業界初となる建築士事務所を社内に開設した。

管理建築士となるのは、二級建築士であり、ルネサンスの社員でもある吉田光輝氏。東京都に登録した「二級建築士事務所」となる。当面はルネサンス自身のスポーツクラブ開設等を中心業務とするが、将来的には、同業他社のスポーツクラブ開発を受注していく可能性もあるという。

ルネサンスはここ数年、毎年数店以上のスポーツクラブを継続的に出店。前2012年3月期は震災の影響もあり出店数が2店とやや抑えぎみだったが、今13年3月期は小型店なども含め8店を出店予定だ。

スポーツクラブの施設(ハード)を作る際には、外部の設計事務所や建設会社に設計や工事を依頼し、場合によってはコンサルティング会社に監修を依頼して、開発を進めるのが一般的。ただ、スポーツクラブは、プールや風呂などの水回り設備を多く抱え、居室ごとの環境が大きく異なり、水や電気、ガスなどのエネルギーも大量に消費するなど、通常の建物とは違う点が少なくない。


広島球場の試合を見ながらフィットネスできる「広島ボールパークタウン店」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。