ルネサンスがフィットネス業界初の建築士事務所開設、同業他社からの受注にも意欲

ルネサンスがフィットネス業界初の建築士事務所開設、同業他社からの受注にも意欲

DIC系で「スポーツクラブルネサンス」を運営するフィットネス業界大手のルネサンスが、業界初となる建築士事務所を社内に開設した。

管理建築士となるのは、二級建築士であり、ルネサンスの社員でもある吉田光輝氏。東京都に登録した「二級建築士事務所」となる。当面はルネサンス自身のスポーツクラブ開設等を中心業務とするが、将来的には、同業他社のスポーツクラブ開発を受注していく可能性もあるという。

ルネサンスはここ数年、毎年数店以上のスポーツクラブを継続的に出店。前2012年3月期は震災の影響もあり出店数が2店とやや抑えぎみだったが、今13年3月期は小型店なども含め8店を出店予定だ。

スポーツクラブの施設(ハード)を作る際には、外部の設計事務所や建設会社に設計や工事を依頼し、場合によってはコンサルティング会社に監修を依頼して、開発を進めるのが一般的。ただ、スポーツクラブは、プールや風呂などの水回り設備を多く抱え、居室ごとの環境が大きく異なり、水や電気、ガスなどのエネルギーも大量に消費するなど、通常の建物とは違う点が少なくない。


広島球場の試合を見ながらフィットネスできる「広島ボールパークタウン店」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT