米国経済崩壊後の日本再生シナリオ 宇野大介著

米国経済崩壊後の日本再生シナリオ 宇野大介著

国家としても国民としても、独り立ちすることがいま求められている。強くて安全で、世界各国が投資したくなる魅力的な日本をどうつくるか、国力を強くするため、「国家プロジェクト」を果敢に実施することだ。地震、エネルギー、食糧・農業、花粉症、医療、老後・介護において、外国人が抱く不安を解消し安心国家をつくる。

日本は経済大国であり、金融システム面でも安全で余裕がまだある。ドル売りの逃避通貨としての役割をスイスフランから奪取しつつ、さらに外貨準備の運用対象を「実物」の保有指向に切り替える発想があってよい。

大手銀行のチーフストラテジストが米国からの日本経済の独立を提言する。

角川SSC新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。