米国経済崩壊後の日本再生シナリオ 宇野大介著

米国経済崩壊後の日本再生シナリオ 宇野大介著

国家としても国民としても、独り立ちすることがいま求められている。強くて安全で、世界各国が投資したくなる魅力的な日本をどうつくるか、国力を強くするため、「国家プロジェクト」を果敢に実施することだ。地震、エネルギー、食糧・農業、花粉症、医療、老後・介護において、外国人が抱く不安を解消し安心国家をつくる。

日本は経済大国であり、金融システム面でも安全で余裕がまだある。ドル売りの逃避通貨としての役割をスイスフランから奪取しつつ、さらに外貨準備の運用対象を「実物」の保有指向に切り替える発想があってよい。

大手銀行のチーフストラテジストが米国からの日本経済の独立を提言する。

角川SSC新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。