米国経済崩壊後の日本再生シナリオ 宇野大介著

米国経済崩壊後の日本再生シナリオ 宇野大介著

国家としても国民としても、独り立ちすることがいま求められている。強くて安全で、世界各国が投資したくなる魅力的な日本をどうつくるか、国力を強くするため、「国家プロジェクト」を果敢に実施することだ。地震、エネルギー、食糧・農業、花粉症、医療、老後・介護において、外国人が抱く不安を解消し安心国家をつくる。

日本は経済大国であり、金融システム面でも安全で余裕がまだある。ドル売りの逃避通貨としての役割をスイスフランから奪取しつつ、さらに外貨準備の運用対象を「実物」の保有指向に切り替える発想があってよい。

大手銀行のチーフストラテジストが米国からの日本経済の独立を提言する。

角川SSC新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT