新版 民主党の研究 塩田潮著

新版 民主党の研究 塩田潮著

13年前に鳩山由紀夫代表が創設した時から、民主党は非永田町的、非自民党的な政治風土と政党文化の醸成・定着を目指してきた。その強みと弱みが同居している。「開かれた党」という強みを生かして議席を伸ばしてきた反面、虚弱体質と幼児性という弱みが原因で何度もつまずく。

政権交代が実現した時、ここまでの政権と与党の所業、政治と行政の裏側に隠された事実を洗いざらい公開する方針を明確に打ち出すことだ。すべて明るみに出すという姿勢こそ、国民が望む政権交代の意義であり、効用である。

ノンフィクション作家であり、政界ウォッチャーでもある著者が、党のリーダーたちの「人物研究」という角度から民主党の実像に迫る。

平凡社新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。