新版 民主党の研究 塩田潮著

新版 民主党の研究 塩田潮著

13年前に鳩山由紀夫代表が創設した時から、民主党は非永田町的、非自民党的な政治風土と政党文化の醸成・定着を目指してきた。その強みと弱みが同居している。「開かれた党」という強みを生かして議席を伸ばしてきた反面、虚弱体質と幼児性という弱みが原因で何度もつまずく。

政権交代が実現した時、ここまでの政権と与党の所業、政治と行政の裏側に隠された事実を洗いざらい公開する方針を明確に打ち出すことだ。すべて明るみに出すという姿勢こそ、国民が望む政権交代の意義であり、効用である。

ノンフィクション作家であり、政界ウォッチャーでもある著者が、党のリーダーたちの「人物研究」という角度から民主党の実像に迫る。

平凡社新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。