新版 民主党の研究 塩田潮著

新版 民主党の研究 塩田潮著

13年前に鳩山由紀夫代表が創設した時から、民主党は非永田町的、非自民党的な政治風土と政党文化の醸成・定着を目指してきた。その強みと弱みが同居している。「開かれた党」という強みを生かして議席を伸ばしてきた反面、虚弱体質と幼児性という弱みが原因で何度もつまずく。

政権交代が実現した時、ここまでの政権と与党の所業、政治と行政の裏側に隠された事実を洗いざらい公開する方針を明確に打ち出すことだ。すべて明るみに出すという姿勢こそ、国民が望む政権交代の意義であり、効用である。

ノンフィクション作家であり、政界ウォッチャーでもある著者が、党のリーダーたちの「人物研究」という角度から民主党の実像に迫る。

平凡社新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT