新版 民主党の研究 塩田潮著

新版 民主党の研究 塩田潮著

13年前に鳩山由紀夫代表が創設した時から、民主党は非永田町的、非自民党的な政治風土と政党文化の醸成・定着を目指してきた。その強みと弱みが同居している。「開かれた党」という強みを生かして議席を伸ばしてきた反面、虚弱体質と幼児性という弱みが原因で何度もつまずく。

政権交代が実現した時、ここまでの政権と与党の所業、政治と行政の裏側に隠された事実を洗いざらい公開する方針を明確に打ち出すことだ。すべて明るみに出すという姿勢こそ、国民が望む政権交代の意義であり、効用である。

ノンフィクション作家であり、政界ウォッチャーでもある著者が、党のリーダーたちの「人物研究」という角度から民主党の実像に迫る。

平凡社新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT