環境ビジネス革命 F・クラップ、M・ホーン著/西田美緒子訳

環境ビジネス革命 F・クラップ、M・ホーン著/西田美緒子訳

オバマ大統領が「グリーンエネルギー革命」に舵を切った。本書は、その少し前までのアメリカの「カーボンフリー技術」の現状を、世界有数の非営利環境団体である環境保護基金(本書では環境防衛基金)の会長らが記述したもの。

新エネルギーに挑む起業家の活動に焦点を当てる。その新エネルギーがいずれIT革命を超えるような巨大な市場を生み出し、世界の産業構造は大転換するという基本的な視座に立つ。

「全人類の1年に使うエネルギーが1時間で注いでいる」太陽による光発電・熱発電を中心に、バイオ燃料、海洋エネルギー、地熱エネルギーなどに多くのページが割かれる。むしろ、なお微粉炭発電所の炭素排出ゼロに躍起となるアメリカの事情に興味がそそられる(第8章 石炭を見直す)。

二酸化炭素削減に即効性があるとしながら、「クリーン自動車」開発も簡単に触れる程度だが、失敗にもくじけない起業家精神はなお健在なようだ。

河出書房新社 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。