環境ビジネス革命 F・クラップ、M・ホーン著/西田美緒子訳

環境ビジネス革命 F・クラップ、M・ホーン著/西田美緒子訳

オバマ大統領が「グリーンエネルギー革命」に舵を切った。本書は、その少し前までのアメリカの「カーボンフリー技術」の現状を、世界有数の非営利環境団体である環境保護基金(本書では環境防衛基金)の会長らが記述したもの。

新エネルギーに挑む起業家の活動に焦点を当てる。その新エネルギーがいずれIT革命を超えるような巨大な市場を生み出し、世界の産業構造は大転換するという基本的な視座に立つ。

「全人類の1年に使うエネルギーが1時間で注いでいる」太陽による光発電・熱発電を中心に、バイオ燃料、海洋エネルギー、地熱エネルギーなどに多くのページが割かれる。むしろ、なお微粉炭発電所の炭素排出ゼロに躍起となるアメリカの事情に興味がそそられる(第8章 石炭を見直す)。

二酸化炭素削減に即効性があるとしながら、「クリーン自動車」開発も簡単に触れる程度だが、失敗にもくじけない起業家精神はなお健在なようだ。

河出書房新社 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT