トヨタ復活の切り札、新型プリウスの突破力

トヨタ復活の切り札、新型プリウスの突破力

発売前から話題を呼んだトヨタ自動車の新型「プリウス」が5月18日、全国デビューした。ハイブリッド専用車で燃費は1リットル当たり38キロメートルと世界最高水準。最低価格は205万円という安さだ。2月に発売されたホンダ「インサイト」の出足が好調だったせいもあり、トヨタ巻き返しの切り札として注目を集めている。

「今年の新プリウスの世界販売目標は30万から40万台。ハイブリッド車全体で50万から60万台」(豊田章男副社長)。旧プリウスも2008年世界中ですでに28・6万台が売れており、トヨタ車では数少ない前年比増だった。

プリウスの国内での月販目標は1万台だが、受注はすでに8万台。今予約しても納車は4カ月後という人気ぶりだ。インサイトは早くも4月の新車販売ランキング(軽除く)でハイブリッド車初の首位を獲得した。6月にはプリウスとインサイトで、1、2位を独占する公算も高い。

仮にプリウスが世界で40万台販売され、うち国内分を4割とすれば、ざっと16万台。1月からの旧プリウスの2万台弱を加えれば、18万台程度になる。08年に日本で最も売れた登録車はホンダ「フィット」で17.5万台。年間でも09年はプリウスが首位に立つ可能性が出てきた。

コストと価格の両面作戦

プリウスは当初想定された価格が240万~250万円だったため、採算を疑問視する声も聞かれた。が、部品の共通化などを進め、製造コストを3割削減。量産効果が出れば粗利は確保できそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT