トヨタ復活の切り札、新型プリウスの突破力

消費者の目を引き付けた「205万円」という価格だが、これは最低価格のLグレードのみで、同グレードはオーディオやカーナビも標準装備されない。これらを付ければ、20万~30万円が上乗せされ、計算高くしたたかなトヨタの顔がそこにはある。

トヨタは”インサイト潰し”にも余念がない。旧プリウスのボディを3色に限るなど徹底的にコストを削ぎ、インサイトと同じ189万円で改めて売り出す。法人向けと謳いながらも、「個人向けでも全く問題ない」(愛知トヨタ自動車幹部)という声が聞こえ、販売現場では手控える様子はさらさらないようだ。

政府による追加経済政策で、環境対応車には重量税などの減免のほか、廃車買い替えに伴う補助金も支給される見通し。プリウスの場合、減税と補助金とで40万円以上購入負担が減る。こうした追い風もあり、ハイブリッド車が乗用車全体に占める割合は、今年中にも1割を超えるとみられる。プリウスが快走すれば、本格的なハイブリッド車時代の到来となりそうだ。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。