東京ディズニーリゾート、独り勝ちを支える新アトラクションの作り方


 TDRの入園者は今やほとんどがリピーター。それを維持する手段が、キャストのサービスであり、アトラクションのインタラクティブ性なのだ。

10月東京ディズニーシーにオープンする新アトラクション「タートル・トーク」では、ゲストの受け答えによって、何パターンにも会話が変化するシステムを初導入する。オリエンタルランドの明石泰典テーマパーク統括部長は「つねに新しい発見を提供できなければ、リピーターは獲得できない」と指摘する。

ちなみに、モンスターズ・インクでは映画のキャラクターやシーンがふんだんに登場するが、今回日本だけの新しいキャラクター「ロッキー」が加わっている。そのグッズが買えるのもディズニーランド内のみ。こうした日本的なこだわりを付け加えることも忘れてはいない。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT