しのびよる破局 辺見庸著

しのびよる破局 辺見庸著

破局下の思考と行動はどうあるべきかについて、「いまは、どんな時代か」「私たちはどうして生きているか」という基本的な視点から著述する。

ここでの「破局」とは、「資本主義経済のそれだけではなく、……深まる一方の荒(すさ)みの状態をもいう」。そして、その状態をウイルスの感染爆発を表す「パンデミック」という言葉でとらえ、米国人が9・11のときに口にしたパンデモニアム(修羅場。ミルトン『失楽園』の地獄の首都)を連想させるとも言う。

この背景に「とりわけ近代以降うたがってこなかった、人間の諸価値」「もっといえば生きていく意味」もいまや揺さぶられているという認識が著者にある。

著者は『もの食う人びと』をはじめ多数の著作において、ネガティブで悲観的な現実を訴えてきたが、本書では「〈資本主義はすばらしいのに、同時になぜこうも益体(やくたい)もないのか〉の謎」が明らかにされる可能性に光明を見出そうとしている。

大月書店 1365円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT