しのびよる破局 辺見庸著

しのびよる破局 辺見庸著

破局下の思考と行動はどうあるべきかについて、「いまは、どんな時代か」「私たちはどうして生きているか」という基本的な視点から著述する。

ここでの「破局」とは、「資本主義経済のそれだけではなく、……深まる一方の荒(すさ)みの状態をもいう」。そして、その状態をウイルスの感染爆発を表す「パンデミック」という言葉でとらえ、米国人が9・11のときに口にしたパンデモニアム(修羅場。ミルトン『失楽園』の地獄の首都)を連想させるとも言う。

この背景に「とりわけ近代以降うたがってこなかった、人間の諸価値」「もっといえば生きていく意味」もいまや揺さぶられているという認識が著者にある。

著者は『もの食う人びと』をはじめ多数の著作において、ネガティブで悲観的な現実を訴えてきたが、本書では「〈資本主義はすばらしいのに、同時になぜこうも益体(やくたい)もないのか〉の謎」が明らかにされる可能性に光明を見出そうとしている。

大月書店 1365円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT