しのびよる破局 辺見庸著

しのびよる破局 辺見庸著

破局下の思考と行動はどうあるべきかについて、「いまは、どんな時代か」「私たちはどうして生きているか」という基本的な視点から著述する。

ここでの「破局」とは、「資本主義経済のそれだけではなく、……深まる一方の荒(すさ)みの状態をもいう」。そして、その状態をウイルスの感染爆発を表す「パンデミック」という言葉でとらえ、米国人が9・11のときに口にしたパンデモニアム(修羅場。ミルトン『失楽園』の地獄の首都)を連想させるとも言う。

この背景に「とりわけ近代以降うたがってこなかった、人間の諸価値」「もっといえば生きていく意味」もいまや揺さぶられているという認識が著者にある。

著者は『もの食う人びと』をはじめ多数の著作において、ネガティブで悲観的な現実を訴えてきたが、本書では「〈資本主義はすばらしいのに、同時になぜこうも益体(やくたい)もないのか〉の謎」が明らかにされる可能性に光明を見出そうとしている。

大月書店 1365円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。