携帯電話3社の試行錯誤、デザイン端末、異業種提携……顧客獲得は頭打ち

ただ懸念材料も多い。家族間無料などの割引サービス浸透で売り上げ拡大は難しい。通信会社間の接続料引き下げ機運が高まれば、ユーザー料金の値下げ圧力が強まる可能性もある。高額の新製品より安い型落ち端末を好むユーザーも増えている。価格競争が常態化し、携帯3社が疲弊する可能性も否定できない。

一方で、過度な価格競争は回避できるとの見方も根強い。低価格化の先陣を切ってきたソフトバンクがキャッシュフロー重視の経営に転換しており、09年度の大幅営業増益を半ば公約としているためだ。

携帯は割賦販売の浸透で保有期間が長期化している。新規顧客獲得が頭打ちの中、コストダウンを一層追求する必要がある。価格競争に負けないデザイン端末や、新サービスなどで付加価値を訴求することで、既存顧客からの収入をいかに増やすかも勝負どころ。携帯3社の試行錯誤はまだまだ続きそうだ。

■業績・事業概要などNTTドコモの詳細はこちら

 

■業績・事業概要などKDDIの詳細はこちら

 

■業績・事業概要などソフトバンクの詳細はこちら

(撮影:今井康一 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。