携帯電話3社の試行錯誤、デザイン端末、異業種提携……顧客獲得は頭打ち

こうした中、ドコモは生活や行動を支援するコンシェルジュ的な携帯サービスを強化している。08年11月に開始した「iコンシェル」の契約数は4月、100万を突破。さらにキャッシュリッチという強みを生かし、異業種との提携も推進する。

その一つが、ショップジャパンやビリーズブートキャンプなどのDVDで知られる、テレビ通販のオークローンマーケティングの買収。株式51%を310億円で取得した。マルチメディア放送を見据えた「放送と通信の融合」が目的だ。

5月には、イオンとマーケティング会社を新設(29%出資)。モバイル会員へのタイムリーな情報配信やマーケティング事業を行い、携帯やカード決済による情報を蓄積し分析につなげていく。これは「金融と通信の融合」といえる。

一方、3月もアイフォーンの期間限定値下げなどが好調で、純増トップをひた走るソフトバンク。4月10日、CDO(債務担保証券)で特別損失750億円を計上すると発表したが、同時に08年度の営業利益と連結キャッシュフロー見込みを増額し、堅調さをアピールした。ただし3月も関東地区では圧倒的に強いものの、東名阪以外は最下位。販売代理店からは「都心での家賃支援を廃止するなど、施策がころころ変わるので安定した経営ができない」と不満の声が上がる。

販売縮小で手数料減る キャリアは業績好調

景気悪化と販売台数落ち込みで、一部販売代理店や端末メーカーは苦戦を余儀なくされている。これに対し、ユーザーからの通信料で安定収入が得られる携帯キャリアは業績好調だ。08年度は「販売台数の落ち込みで多額の販売奨励金が減るという、期せずして利益が出やすい1年」(JPモルガン証券の佐分氏)。浮いたおカネをつぎ込んで型落ち端末を安売りしても利益は出た。

09年度も各社は、解約率の改善や端末調達費削減、広告宣伝費見直しなどに取り組んでおり、堅調路線は続くとみられる。2年割賦終了ユーザーが増えることで、その間の特別値引きの負担がなくなるソフトバンク、割賦販売導入による販促費削減効果が継続するauは特にそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。