アカデミー賞俳優部門候補「白人独占」に波紋

リー監督らボイコットを表明

1月18日、今年の米アカデミー賞俳優部門に黒人がノミネートされなかったことを受け、アフリカ系米国人のスパイク・リー監督(左)と女優ジェイダ・ピンケット・スミスさん(右)が授賞式をボイコットすると表明した(2016年 ロイター)

[18日 ロイター] - 今年の米アカデミー賞の俳優部門に黒人がノミネートされなかったことを受け、アフリカ系米国人のスパイク・リー監督と女優のジェイダ・ピンケット・スミスさんが18日、来月行われる授賞式をボイコットすると表明した。

黒人が俳優部門の候補に入らなかったのは2年連続。これについて、賞を主催する米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)会長のシェリル・ブーン・アイザックス氏は「アカデミー賞の変革はわれわれが望むような速さで進んでいない。もっとやるべきことがある」との考えを示した。

昨年11月にアカデミー名誉賞を受賞したリー監督は、キング牧師の生誕を記念する祝日に合わせてボイコットを表明。ツイッターに「#OscarsSoWhite」のハッシュタグで「俳優部門の20人全員が2年連続で白人のみということがあり得るだろうか」と投稿した。

リー監督はボイコットについて、授賞式の司会を務めるクリス・ロックさんやプロデューサーのレジナルド・ハドリンさん(ともに黒人)、AMPAS関係者を軽視するものではないとも説明した。

また、ピンケット・スミスさんもフェイスブックに投稿した動画でボイコットを表明。夫のウィル・スミス氏は今年の候補から漏れた黒人俳優の一人だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。