アカデミー賞俳優部門候補「白人独占」に波紋

リー監督らボイコットを表明

1月18日、今年の米アカデミー賞俳優部門に黒人がノミネートされなかったことを受け、アフリカ系米国人のスパイク・リー監督(左)と女優ジェイダ・ピンケット・スミスさん(右)が授賞式をボイコットすると表明した(2016年 ロイター)

[18日 ロイター] - 今年の米アカデミー賞の俳優部門に黒人がノミネートされなかったことを受け、アフリカ系米国人のスパイク・リー監督と女優のジェイダ・ピンケット・スミスさんが18日、来月行われる授賞式をボイコットすると表明した。

黒人が俳優部門の候補に入らなかったのは2年連続。これについて、賞を主催する米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)会長のシェリル・ブーン・アイザックス氏は「アカデミー賞の変革はわれわれが望むような速さで進んでいない。もっとやるべきことがある」との考えを示した。

昨年11月にアカデミー名誉賞を受賞したリー監督は、キング牧師の生誕を記念する祝日に合わせてボイコットを表明。ツイッターに「#OscarsSoWhite」のハッシュタグで「俳優部門の20人全員が2年連続で白人のみということがあり得るだろうか」と投稿した。

リー監督はボイコットについて、授賞式の司会を務めるクリス・ロックさんやプロデューサーのレジナルド・ハドリンさん(ともに黒人)、AMPAS関係者を軽視するものではないとも説明した。

また、ピンケット・スミスさんもフェイスブックに投稿した動画でボイコットを表明。夫のウィル・スミス氏は今年の候補から漏れた黒人俳優の一人だった。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。