スター・ウォーズは「不完全」だから成功した

作中で語らず、キャッチボールを楽しませる

制作者は、この映画を作るに当たって、ファンの要望というものをこれでもかというほどリサーチしたに違いない。そして、その要望のほとんどすべてを、彼らの希望を大きく上回る形で実現させようとしているのだ。

アメリカで映画を見たことがある方ならご存じかと思うが、向こうでは映画は声を出しながら見るという文化がある。特に、面白いシーンや興奮するシーンなどは、口笛を吹いたり歓声を上げたり、立ち上がって拍手したりして楽しむ。だから、それしか知らないアメリカ人が日本の映画館に来ると、必ず面食らう。

面白いシーンほどみんなが黙っているので、「日本人にとってはつまらない」「スベっている」と勘違いしてしまうのだそうだ。

「神話」はどう描かれているか

今回の作品も、もしこれがアメリカの映画館だったら、スタンディングオベーション間違いなしというシーンがそこここにちりばめられていた。特に、各キャラクターの登場の仕方が練りに練られているので、いやが上にも盛り上がる。

また、ぼく個人としては「神話」が好きなので、今度の作品は「どれほど神話的か」というのが気になっていた。そして、見てきた結果はというと、神話の中でも最も重要なテーマである、あるモチーフを用いていることがわかった。だから、ぼくはそれに興奮させられたし、そう来たかと膝を打った。

その意味でも、この映画に対する満足度は、とても高かったのである。気の早い話だが、今から続編が楽しみだ。しかしまずは、その前に、この映画の感想を多くの人と語り合いたい。

プレタポルテの関連記事
思い込みと感情で政治は動く(やまもといちろう)
中国バブルと山口組分裂の類似性(本田雅一)
開・紀里谷和明が語る作品論(紀里谷和明)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。