森を歩く 森林セラピーへのいざない 田中淳夫著

森を歩く 森林セラピーへのいざない 田中淳夫著

「森に入ると気持ちがよい」と漠然と感じた経験はないだろうか。森林は、植物が発生させる揮発性の物質フィトンチッドのリフレッシュ効果に加え、森林のもたらす視覚・聴覚・嗅覚いずれの刺激も心身のストレス解消に役立つことが知られている。すでに全国31カ所の森林セラピー基地、4カ所のセラピーロードが認定されている。

ただ、一般の人が遠隔地にある森を毎日のように歩くのは現実的ではない。自宅近くの樹林帯のある都市公園、神社仏閣の境内でもいい。なるべく定期的に静かな人気の少ない樹林帯を訪れれば、それも森林セラピーになる。

森林ジャーナリストが森林セラピー9基地のルポをまじえ、「森の癒す力」を説く。

角川SSC新書 1103円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT