森を歩く 森林セラピーへのいざない 田中淳夫著

森を歩く 森林セラピーへのいざない 田中淳夫著

「森に入ると気持ちがよい」と漠然と感じた経験はないだろうか。森林は、植物が発生させる揮発性の物質フィトンチッドのリフレッシュ効果に加え、森林のもたらす視覚・聴覚・嗅覚いずれの刺激も心身のストレス解消に役立つことが知られている。すでに全国31カ所の森林セラピー基地、4カ所のセラピーロードが認定されている。

ただ、一般の人が遠隔地にある森を毎日のように歩くのは現実的ではない。自宅近くの樹林帯のある都市公園、神社仏閣の境内でもいい。なるべく定期的に静かな人気の少ない樹林帯を訪れれば、それも森林セラピーになる。

森林ジャーナリストが森林セラピー9基地のルポをまじえ、「森の癒す力」を説く。

角川SSC新書 1103円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。