世界金融崩壊七つの罪 東谷暁著

世界金融崩壊七つの罪 東谷暁著

世界経済危機の原因は何か。「専門知識を必要とせずに、同時代史として俯瞰できる本が必要」との問題意識から、ジャーナリストが七つの関連テーマを解説した。

そのうち六つは「容疑者」探しだ。最近までのアメリカ経済は、バブルではないという「物語」の中にあり、金融が世界を変えるとの「思想」に支えられ、そのほか「巨匠」「欲望」「技術」「未来」という点でも素晴らしさを持つとされた。検証すると、いずれも偽りに満ちていた。

そして7番目は、これらの罪に日本が「感染」したことにあるという。政治家も経済人もアメリカの模倣に走った。危うさから目覚め「自国に有利な経済政策を採用すること」が必要と警告する。

PHP新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。