世界金融崩壊七つの罪 東谷暁著

世界金融崩壊七つの罪 東谷暁著

世界経済危機の原因は何か。「専門知識を必要とせずに、同時代史として俯瞰できる本が必要」との問題意識から、ジャーナリストが七つの関連テーマを解説した。

そのうち六つは「容疑者」探しだ。最近までのアメリカ経済は、バブルではないという「物語」の中にあり、金融が世界を変えるとの「思想」に支えられ、そのほか「巨匠」「欲望」「技術」「未来」という点でも素晴らしさを持つとされた。検証すると、いずれも偽りに満ちていた。

そして7番目は、これらの罪に日本が「感染」したことにあるという。政治家も経済人もアメリカの模倣に走った。危うさから目覚め「自国に有利な経済政策を採用すること」が必要と警告する。

PHP新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。