斉藤 章佳(さいとう あきよし) Akiyoshi Saito
大森榎本クリニック 精神保健福祉部長

1979年生まれ。精神保健福祉士・社会福祉士。大学卒業後、榎本クリニックでソーシャルワーカーとして、約20年にわたってアルコールを中心にギャンブル、薬物、摂食障害、クレプトマニア、DVそして性犯罪などのさまざまなアディクション問題にかかわる。専門は加害者臨床で「性犯罪者の地域トリートメント」に関する実践、研究、啓発活動に取り組んでいる。著書に『男が痴漢になる理由』『万引き依存症』(ともにイースト・プレス)などがある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。