ホンダ「レジェンド」レベル3運転は何がスゴいか

高速道路で乗ってわかった自動化技術の実力

レベル3稼働時には映像の鑑賞が可能(写真:ホンダ)

Honda SENSING Eliteでは、連続自動操舵「カテゴリーE」を活用して、自車のナビゲーションで目的地を設定している際には、高速道路の本線を走行中に出口車線へと車線変更を行うことも可能だ。

前述のとおり「You have (control).」→「I have (control).」というやりとりがある。たとえば航空機のコクピットでは、機長と副操縦士との間で頻繁に交わされている。これにより操縦桿を握る人物が明らかとなり、責任の所在が明確化され安全な航行が期待できる。ご存知の読者も多いことと思う。

Honda SENSING Eliteを搭載したレジェンドでは、こうしたやりとりが運転席で行われる。実際には無言でのやりとりで、ドライバーが心の会話を交わす相手は副操縦士ならぬHonda SENSING Eliteのシステムだ。

自動運転開発における「競争領域」

ちなみに、2021年4月8日に発表されたトヨタ「MIRAI」とレクサス「LS500h」が搭載する高度運転支援技術「Advanced Drive」では、ドライバーの目視がシステムとの意思疎通ツールとして用いられた。

この先、レベル3以上では、こうした人と機械の意思疎通ツールとして、人間工学に則ったHMIが次々に実装されていく。ここは自動運転開発における「競争領域」だ。

④自動運転モード稼働中のTORで述べた、Honda SENSING Eliteが繰り広げる安全に関する思考のループは、まるでアイザック・アシモフのSF小説『われはロボット』に引用される「ロボット工学の三原則」のようだ。小説ではいかにもの展開だったが、Honda SENSING Eliteにとっての現実は運転の主体を人かシステムか明確にするために用いられた。よってわかりやすく、発展性もある。

レベル3技術が正常に稼働している状態では、フットフリー&ハンズフリーに加えて、アイズフリー(一定条件下で視線による安全確認を解放する)が実現し、それは法律のうえでも許される。この「~フリー」という言葉はとてもキャッチーだ。よって現状ではそこが大きく報道されているが、じつは今回のレジェンドの素晴らしさは、その領域に留まらない。

公道においてドライバーとシステム(Honda SENSING Elite)が協調し、“安全な運転操作の継続”というタスクを共に成し遂げる世界初の市販車であること。これこそが自動車史に名を残す偉業であると筆者は考える。

世に放たれる100台(法人リース販売のみで、完売間近)のHonda SENSING Eliteは、ドライバーとともに安心で安全な移動を積み重ねる。その蓄積データはサーバーで厳重に管理され、やがて技術者の知見となっていく。

じつに地道だが、この開発プロセスにより将来的には誰もが等しく移動の自由を手にできる真の自動化社会が見えてくる。Honda SENSING Eliteに試乗して、そんな想いを抱いた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT