世界がわかる理系の名著 鎌田浩毅著

世界がわかる理系の名著 鎌田浩毅著

知っているようで実はよく知らないというのが古典作品の常。本書はダーウィンの『種の起源』、ガリレイ『星界の報告』、カーソン『沈黙の春』、アインシュタインの『相対性理論』等、19~20世紀にかけて人類の価値観を根底から覆し、現代文明の基礎を成した科学者たちの古典的名著14作品を取り上げ、その歴史的な位置づけ、科学史及び思想史上の意義をわかりやすく解説する。それぞれの流れを汲む現代の科学書も簡単に紹介。

著者は京大教授で、地球科学が専門。社会の圧力に抗して新しい科学を創造していった科学者、それを支えた理解者たちのエピソードをまじえながら、科学のおもしろさ、現代人が学ぶべきことを教える。

文春新書 788円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。