読まない力 養老孟司著

読まない力 養老孟司著

情報化社会になって、現代人は言葉を信用しすぎるのではないかと著者は憂える。だから、ネット上に悪口を書かれただけで自殺したり、言葉巧みな一本の電話で振り込め詐欺の被害に遭ってしまう。

「口でいうのは、いってみればタダ、元手がいらない。元手がいらない商品なんて、さして信用が置けないでしょうが」。世間には、巧言令色な輩があふれているのだ。

「読まない力」とは逆説的な物言いで、言葉の裏にある真理を読めということである。

希代の解剖学者である著者は、現代社会の裏にどんな真理を見たのか。俎上にのぼるのは、地球温暖化、靖国参拝、日米関係、自衛隊の海外派遣、振り込め詐欺、パンデミック、少子高齢化などだ。

PHP新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。