読まない力 養老孟司著

読まない力 養老孟司著

情報化社会になって、現代人は言葉を信用しすぎるのではないかと著者は憂える。だから、ネット上に悪口を書かれただけで自殺したり、言葉巧みな一本の電話で振り込め詐欺の被害に遭ってしまう。

「口でいうのは、いってみればタダ、元手がいらない。元手がいらない商品なんて、さして信用が置けないでしょうが」。世間には、巧言令色な輩があふれているのだ。

「読まない力」とは逆説的な物言いで、言葉の裏にある真理を読めということである。

希代の解剖学者である著者は、現代社会の裏にどんな真理を見たのか。俎上にのぼるのは、地球温暖化、靖国参拝、日米関係、自衛隊の海外派遣、振り込め詐欺、パンデミック、少子高齢化などだ。

PHP新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT