読まない力 養老孟司著

読まない力 養老孟司著

情報化社会になって、現代人は言葉を信用しすぎるのではないかと著者は憂える。だから、ネット上に悪口を書かれただけで自殺したり、言葉巧みな一本の電話で振り込め詐欺の被害に遭ってしまう。

「口でいうのは、いってみればタダ、元手がいらない。元手がいらない商品なんて、さして信用が置けないでしょうが」。世間には、巧言令色な輩があふれているのだ。

「読まない力」とは逆説的な物言いで、言葉の裏にある真理を読めということである。

希代の解剖学者である著者は、現代社会の裏にどんな真理を見たのか。俎上にのぼるのは、地球温暖化、靖国参拝、日米関係、自衛隊の海外派遣、振り込め詐欺、パンデミック、少子高齢化などだ。

PHP新書 714円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。