新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか 松尾匡著

新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか 松尾匡著

世の中を変えようとする社会運動の明治以来の歴史と、その問題点を経済学者が解説した。

日本における左翼運動の歴史には、理想や理論を抱いて、それに合わない現状を変えようとする道と、抑圧された大衆の中に身を置いて「このやろー!」と立ち上がる道の二つがあるという。ところが、この二つはしばしば対立し、共倒れし、自滅を繰り返してきた。「アナ・ボル抗争」しかり「日本資本主義論争」しかり「ブント対革共同」しかり。

さまざまな問題が山積する現代社会において、いかにその相克を超えるかが、この世界をよくするための課題だと説く。日本の代表的思想家を紹介した「日本思想家列伝」を併せて掲載。

講談社現代新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。