中国で大規模な土砂崩れ、91人が行方不明

中国広東省深セン市北西部の工業団地で

 12月20日、中国広東省の深セン市で土砂崩れが発生した。写真は捜索活動を行う救急隊員ら(2015年 ロイター/Tyrone Siu)

[北京 21日 ロイター] - 中国広東省の深セン市北西部の工業団地で20日、土砂崩れが発生した。国営テレビによると、行方不明者は少なくとも91人に上り、33棟の建物が土砂に埋まっている。

国土資源省は、付近に積み上げられていた建設残土が崩れたとの見方を示した。国営メディアは、6万平方メートル以上が土砂に覆われ、一部では深さが6メートルに達していると伝えた。

新華社によると、2000人超の救助隊員が投入されている。14人が救助され、20日夜までに900人以上が避難した。

被災した建物の中には、工場14棟、低層の建物13棟、宿舎3棟が含まれている。

李克強首相は当局に土砂崩れの原因の調査を命じた。

国営テレビによると、現場の近くを通る主要天然ガスパイプラインで爆発があった。ただ、爆発が土砂崩れに影響したかどうかは明らかになっていない。

新華社は、このパイプラインは中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)が保有していると伝えた。ペトロチャイナはミニブログで、パイプライン爆発により、香港の電力大手CLPホールディングス(中電控股)<0002.HK>子会社の傘下、キャッスル・ピーク・パワーが影響を受けたとし、発電が石炭使用に切り替えられたと発表した。

*内容を追加して再送します。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。