日の丸有機ELの憂鬱、韓国勢に太刀打ちできるのか

またも国策会社構想が浮上

 


 日本を代表する電機メーカー2社による“夢の共演”は、紙ペラ1枚のリリースでひっそりと発表されただけだった。

 

ソニーとパナソニックによるテレビ用の大型有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの共同開発での合意は6月25日に発表された。だが、「すべての技術を出し合うわけではない」(ソニー)、「今のまま別々の拠点で開発を続ける。特に人員の交流は考えていない」(パナソニック)と両社ともそっけない。

永遠のライバルが手を組んだ背景には、テレビ事業での日本の劣勢がある。韓国のサムスン電子とLG電子は、55型有機ELテレビを今年中に発売する予定。日本メーカーは、韓国2強にテレビ事業の世界シェア、収益性で大きく差をつけられた。次世代の大型有機ELテレビの発売でも先を越されれば、自慢の技術力での敗北も決定的になる。

韓国勢も量産には苦戦

「今年に入り、サムスンは大型有機ELパネルの生産方式を見直したようだ」と複数の関係者は口をそろえる。サムスンはすでに立ち上がっている中小型の有機ELパネル市場で世界シェア9割超を握る。ただ、大型のテレビ用の量産では苦戦。中小型とは異なる生産方式も試すなど、現在も試行錯誤が続く。サムスンとは別の生産方式を採用するLGも、基板の大型化で苦労している。

サムスン関係者は「有機ELテレビは、今年2~3台売れればいい」と打ち明ける。世界初での発売という実績作りを目的としており、売れば売るほど赤字となるからだ。


 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT