日の丸有機ELの憂鬱、韓国勢に太刀打ちできるのか

またも国策会社構想が浮上

 


 日本を代表する電機メーカー2社による“夢の共演”は、紙ペラ1枚のリリースでひっそりと発表されただけだった。

 

ソニーとパナソニックによるテレビ用の大型有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの共同開発での合意は6月25日に発表された。だが、「すべての技術を出し合うわけではない」(ソニー)、「今のまま別々の拠点で開発を続ける。特に人員の交流は考えていない」(パナソニック)と両社ともそっけない。

永遠のライバルが手を組んだ背景には、テレビ事業での日本の劣勢がある。韓国のサムスン電子とLG電子は、55型有機ELテレビを今年中に発売する予定。日本メーカーは、韓国2強にテレビ事業の世界シェア、収益性で大きく差をつけられた。次世代の大型有機ELテレビの発売でも先を越されれば、自慢の技術力での敗北も決定的になる。

韓国勢も量産には苦戦

「今年に入り、サムスンは大型有機ELパネルの生産方式を見直したようだ」と複数の関係者は口をそろえる。サムスンはすでに立ち上がっている中小型の有機ELパネル市場で世界シェア9割超を握る。ただ、大型のテレビ用の量産では苦戦。中小型とは異なる生産方式も試すなど、現在も試行錯誤が続く。サムスンとは別の生産方式を採用するLGも、基板の大型化で苦労している。

サムスン関係者は「有機ELテレビは、今年2~3台売れればいい」と打ち明ける。世界初での発売という実績作りを目的としており、売れば売るほど赤字となるからだ。


 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT