日本に自衛隊が必要な理由 北澤俊美著

日本に自衛隊が必要な理由 北澤俊美著

著者は、民主党政権初の防衛相に就任。菅内閣の総辞職によって職を解かれた。その間における最も大きな出来事だった東日本大震災では、自衛隊史上最大となる10万人動員を指示している。3・11当日、そしてその後、内閣は何に対応し、自衛隊はどう動いたのかを振り返る。

今回の震災で自衛隊は、国防だけでなく災害援助にも高い能力があることを証明した。また、「専守防衛」でありながらも、彼らが高い能力を示すことで、周辺国から侮りを受けないとして、結果的に国家が戦争に巻き込まれない状況を作っているとも説き、その必要性を訴える。

現場を経験した元防衛相が、日本の国防と自衛隊のあり方について提言する。

角川oneテーマ21 800円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。