日本に自衛隊が必要な理由 北澤俊美著

日本に自衛隊が必要な理由 北澤俊美著

著者は、民主党政権初の防衛相に就任。菅内閣の総辞職によって職を解かれた。その間における最も大きな出来事だった東日本大震災では、自衛隊史上最大となる10万人動員を指示している。3・11当日、そしてその後、内閣は何に対応し、自衛隊はどう動いたのかを振り返る。

今回の震災で自衛隊は、国防だけでなく災害援助にも高い能力があることを証明した。また、「専守防衛」でありながらも、彼らが高い能力を示すことで、周辺国から侮りを受けないとして、結果的に国家が戦争に巻き込まれない状況を作っているとも説き、その必要性を訴える。

現場を経験した元防衛相が、日本の国防と自衛隊のあり方について提言する。

角川oneテーマ21 800円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。