日本に自衛隊が必要な理由 北澤俊美著

日本に自衛隊が必要な理由 北澤俊美著

著者は、民主党政権初の防衛相に就任。菅内閣の総辞職によって職を解かれた。その間における最も大きな出来事だった東日本大震災では、自衛隊史上最大となる10万人動員を指示している。3・11当日、そしてその後、内閣は何に対応し、自衛隊はどう動いたのかを振り返る。

今回の震災で自衛隊は、国防だけでなく災害援助にも高い能力があることを証明した。また、「専守防衛」でありながらも、彼らが高い能力を示すことで、周辺国から侮りを受けないとして、結果的に国家が戦争に巻き込まれない状況を作っているとも説き、その必要性を訴える。

現場を経験した元防衛相が、日本の国防と自衛隊のあり方について提言する。

角川oneテーマ21 800円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT