アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題 根本敬、田辺寿夫著

アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題 根本敬、田辺寿夫著

先日、21年の時を経て、ノーベル賞受賞演説を行ったアウンサンスーチー。軍事政権によって15年以上の自宅軟禁を強いられたにもかかわらず、民主化の指導者としてビルマ(ミャンマー)で絶大な支持を得ている。

なぜ、彼女はビルマの英雄たりえたのか。第1部では、彼女の半生と行動、政治的基盤となる思想を探求することでその理由に迫る。また、現時点でのビルマが抱える問題点をこの国の政治や歴史を踏まえながら解説している。

第2部では、ビルマと日本の関係にスポットライトを当てる。ビルマの独立は、彼女の父である独立運動指導者アウンサンの、太平洋戦争時における占領日本軍との闘争が原点にあることも語られる。

角川oneテーマ21 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。