アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題 根本敬、田辺寿夫著

アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題 根本敬、田辺寿夫著

先日、21年の時を経て、ノーベル賞受賞演説を行ったアウンサンスーチー。軍事政権によって15年以上の自宅軟禁を強いられたにもかかわらず、民主化の指導者としてビルマ(ミャンマー)で絶大な支持を得ている。

なぜ、彼女はビルマの英雄たりえたのか。第1部では、彼女の半生と行動、政治的基盤となる思想を探求することでその理由に迫る。また、現時点でのビルマが抱える問題点をこの国の政治や歴史を踏まえながら解説している。

第2部では、ビルマと日本の関係にスポットライトを当てる。ビルマの独立は、彼女の父である独立運動指導者アウンサンの、太平洋戦争時における占領日本軍との闘争が原点にあることも語られる。

角川oneテーマ21 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。