アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題 根本敬、田辺寿夫著

アウンサンスーチー 変化するビルマの現状と課題 根本敬、田辺寿夫著

先日、21年の時を経て、ノーベル賞受賞演説を行ったアウンサンスーチー。軍事政権によって15年以上の自宅軟禁を強いられたにもかかわらず、民主化の指導者としてビルマ(ミャンマー)で絶大な支持を得ている。

なぜ、彼女はビルマの英雄たりえたのか。第1部では、彼女の半生と行動、政治的基盤となる思想を探求することでその理由に迫る。また、現時点でのビルマが抱える問題点をこの国の政治や歴史を踏まえながら解説している。

第2部では、ビルマと日本の関係にスポットライトを当てる。ビルマの独立は、彼女の父である独立運動指導者アウンサンの、太平洋戦争時における占領日本軍との闘争が原点にあることも語られる。

角川oneテーマ21 820円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT