毒 青酸カリからギンナンまで 船山信次著

毒 青酸カリからギンナンまで 船山信次著

人に望ましくない作用をする化学物質、毒。わずかな量で人を死に至らしめる毒もあれば、じわじわと効いて長い時間をかけて毒性が現れるものもある。使い方次第では薬になり、殺虫剤や殺菌剤、除草剤などとしても使われる。

ある事件では、急性のトリカブト毒にフグ毒を混ぜることで、毒性の発見を遅らせることが行われた。麻薬や覚醒剤は、直接、死に至る毒性を持つわけではないが、使用者の精神を狂わせてしまうような性質があり、これらも毒といってよい。

毒の基本知識から、毒の分類、毒にまつわる歴史、毒と食べ物、犯罪や事件と毒、麻薬と覚醒剤まで、さまざまな毒を取り上げ、その不思議さに迫る。

PHPサイエンス・ワールド新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。