毒 青酸カリからギンナンまで 船山信次著

毒 青酸カリからギンナンまで 船山信次著

人に望ましくない作用をする化学物質、毒。わずかな量で人を死に至らしめる毒もあれば、じわじわと効いて長い時間をかけて毒性が現れるものもある。使い方次第では薬になり、殺虫剤や殺菌剤、除草剤などとしても使われる。

ある事件では、急性のトリカブト毒にフグ毒を混ぜることで、毒性の発見を遅らせることが行われた。麻薬や覚醒剤は、直接、死に至る毒性を持つわけではないが、使用者の精神を狂わせてしまうような性質があり、これらも毒といってよい。

毒の基本知識から、毒の分類、毒にまつわる歴史、毒と食べ物、犯罪や事件と毒、麻薬と覚醒剤まで、さまざまな毒を取り上げ、その不思議さに迫る。

PHPサイエンス・ワールド新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。