工学部ヒラノ教授の事件ファイル 今野浩著

工学部ヒラノ教授の事件ファイル 今野浩著

金融工学の大家が学部長になっていたら平の(ヒラノ)教授の自称は使えなかったはずだが、大学の生態学を軽妙洒脱に語って著者の右に出る者はいない。ここまで書いて大丈夫かといつも思うけれど、今回は「A教授」「B学部長」と抑えた個所が多く、筆禍事件にはならないだろう。おかげで人名を推測する楽しみが増えた。

出張経費の二重取り、経歴詐称、賄賂、単位略取、セクハラとアカハラ、論文盗作とデータ捏造などといった最高学府にあるまじき犯罪や生臭い人間ドラマの数々が紹介される。あきれ憤慨し笑ってしまう諸事件の背後には、大学に生きる人々の悲哀と大学の宿命が深くかかわっていて、同情すべき余地もあり「制度も問題だね」とつい言いたくなる。理系文系の中間で活躍してきた実績が内容に幅と含蓄を与えており、日本のコンピュータがハード偏重ソフト軽視に陥るそもそもの逸話も面白いし、原発事故と原子力工学の終章も示唆に富む。(純)

新潮社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT