工学部ヒラノ教授の事件ファイル 今野浩著

工学部ヒラノ教授の事件ファイル 今野浩著

金融工学の大家が学部長になっていたら平の(ヒラノ)教授の自称は使えなかったはずだが、大学の生態学を軽妙洒脱に語って著者の右に出る者はいない。ここまで書いて大丈夫かといつも思うけれど、今回は「A教授」「B学部長」と抑えた個所が多く、筆禍事件にはならないだろう。おかげで人名を推測する楽しみが増えた。

出張経費の二重取り、経歴詐称、賄賂、単位略取、セクハラとアカハラ、論文盗作とデータ捏造などといった最高学府にあるまじき犯罪や生臭い人間ドラマの数々が紹介される。あきれ憤慨し笑ってしまう諸事件の背後には、大学に生きる人々の悲哀と大学の宿命が深くかかわっていて、同情すべき余地もあり「制度も問題だね」とつい言いたくなる。理系文系の中間で活躍してきた実績が内容に幅と含蓄を与えており、日本のコンピュータがハード偏重ソフト軽視に陥るそもそもの逸話も面白いし、原発事故と原子力工学の終章も示唆に富む。(純)

新潮社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT