楽天が電子書籍「コボ」を国内で開始、端末価格7980円で急拡大を目指す

楽天が電子書籍「コボ」を国内で開始、端末価格7980円で急拡大を目指す

ネットサービス大手の楽天は7月2日、傘下のコボ社(カナダ)が手掛ける電子書籍事業を日本でも開始すると発表した。専用の電子書籍端末「コボ タッチ」の販売予約を2日から開始、19日からコンテンツの配信を行う。端末価格は7980円だ(北米では約100ドルで売られているモデル)。

コボタッチは、6インチ型の電子ペーパーをディスプレイに用い、厚さは1センチメートル、重さは185グラムと小型軽量。フル充電すれば、1日30分程度の使用で約1カ月間利用することができる。無線LAN経由でコボの電子書籍マーケットにアクセスしてコンテンツを購入する仕組みだ(携帯回線には非対応)。また、パソコンとUSBケーブルで接続して個人のPDFファイルや写真を取り込むことも可能だ。

  

都内でお披露目の記者会見に臨んだ楽天の三木谷浩社長は「ベストセラーや人気作品を含め、日本語タイトルは150万程度を目指している。あらゆる出版社が対応をしてくれている」と品揃えの充実に自信を見せた。

また、「3年後か5年後か7年後かはわからないが、北米でそうなったように、日本でも出版市場の30~50%程度が電子化してもおかしくはない」と見通しを述べ、「電子書籍市場でナンバーワンになる」と意気込みを語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT