楽天が電子書籍「コボ」を国内で開始、端末価格7980円で急拡大を目指す

楽天が電子書籍「コボ」を国内で開始、端末価格7980円で急拡大を目指す

ネットサービス大手の楽天は7月2日、傘下のコボ社(カナダ)が手掛ける電子書籍事業を日本でも開始すると発表した。専用の電子書籍端末「コボ タッチ」の販売予約を2日から開始、19日からコンテンツの配信を行う。端末価格は7980円だ(北米では約100ドルで売られているモデル)。

コボタッチは、6インチ型の電子ペーパーをディスプレイに用い、厚さは1センチメートル、重さは185グラムと小型軽量。フル充電すれば、1日30分程度の使用で約1カ月間利用することができる。無線LAN経由でコボの電子書籍マーケットにアクセスしてコンテンツを購入する仕組みだ(携帯回線には非対応)。また、パソコンとUSBケーブルで接続して個人のPDFファイルや写真を取り込むことも可能だ。

  

都内でお披露目の記者会見に臨んだ楽天の三木谷浩社長は「ベストセラーや人気作品を含め、日本語タイトルは150万程度を目指している。あらゆる出版社が対応をしてくれている」と品揃えの充実に自信を見せた。

また、「3年後か5年後か7年後かはわからないが、北米でそうなったように、日本でも出版市場の30~50%程度が電子化してもおかしくはない」と見通しを述べ、「電子書籍市場でナンバーワンになる」と意気込みを語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT