楽天が電子書籍「コボ」を国内で開始、端末価格7980円で急拡大を目指す

楽天が電子書籍「コボ」を国内で開始、端末価格7980円で急拡大を目指す

ネットサービス大手の楽天は7月2日、傘下のコボ社(カナダ)が手掛ける電子書籍事業を日本でも開始すると発表した。専用の電子書籍端末「コボ タッチ」の販売予約を2日から開始、19日からコンテンツの配信を行う。端末価格は7980円だ(北米では約100ドルで売られているモデル)。

コボタッチは、6インチ型の電子ペーパーをディスプレイに用い、厚さは1センチメートル、重さは185グラムと小型軽量。フル充電すれば、1日30分程度の使用で約1カ月間利用することができる。無線LAN経由でコボの電子書籍マーケットにアクセスしてコンテンツを購入する仕組みだ(携帯回線には非対応)。また、パソコンとUSBケーブルで接続して個人のPDFファイルや写真を取り込むことも可能だ。

  

都内でお披露目の記者会見に臨んだ楽天の三木谷浩社長は「ベストセラーや人気作品を含め、日本語タイトルは150万程度を目指している。あらゆる出版社が対応をしてくれている」と品揃えの充実に自信を見せた。

また、「3年後か5年後か7年後かはわからないが、北米でそうなったように、日本でも出版市場の30~50%程度が電子化してもおかしくはない」と見通しを述べ、「電子書籍市場でナンバーワンになる」と意気込みを語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。