重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗博司著

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗博司著

重力研究の第一人者が、相対論に始まり、重力波や話題の「暗黒物質」の正体について、あるいは相対論と量子力学を統合する「超弦理論(超ひも理論)」までを解き明かしながら、重力の不思議と最新の重力理論が描く宇宙像を提示する。

ニュートンの万有引力の法則を知らなければ、人工衛星も飛ばすことができず、アインシュタインの相対論がなければ、GPSで位置を正確に測定することもできなかったという。このように、重力の研究は、これまでにさまざまな形で人類に貢献してきたことが語られている。

また、難解な「E=mc2」を数式を使わずに説明しているところなども、素人にはわかりやすい。

幻冬舎新書 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。