重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗博司著

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る 大栗博司著

重力研究の第一人者が、相対論に始まり、重力波や話題の「暗黒物質」の正体について、あるいは相対論と量子力学を統合する「超弦理論(超ひも理論)」までを解き明かしながら、重力の不思議と最新の重力理論が描く宇宙像を提示する。

ニュートンの万有引力の法則を知らなければ、人工衛星も飛ばすことができず、アインシュタインの相対論がなければ、GPSで位置を正確に測定することもできなかったという。このように、重力の研究は、これまでにさまざまな形で人類に貢献してきたことが語られている。

また、難解な「E=mc2」を数式を使わずに説明しているところなども、素人にはわかりやすい。

幻冬舎新書 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT