楽天が美容室のネット予約サービスに進出、利便性向上で市場獲得を目指す

楽天が美容室のネット予約サービスに進出、利便性向上で市場獲得を目指す

ネットサービス大手の楽天は、6月25日から美容室のネット予約サービス「楽天サロン」を開始する。利用者は、ネット上で美容室を検索、予約することができる。クレジットカードでの事前決済も可能で、利用に当たって楽天のポイントサービス「楽天スーパーポイント」を付与、また保有するポイントを支払いにあてることもできる。

楽天サロンは、ネット通販の楽天市場と同様に、楽天サロン上に美容室が出店するという仕組み。楽天サロンの月額利用料(出店料)と、売上高の8~10%を徴収する売り上げ手数料(システム利用料)が楽天の収益源になる。

まずは首都圏など400店舗の参加を得てスタート、全国各地の美容室に対して導入を進めていく計画だ。

楽天によれば、「美容室を利用する女性の主な不満として、日中の忙しい時間帯に電話での予約がしづらい、料金明細がわかりにくい」(楽天サロン事業部・沼倉英子氏、上写真右から2人目)などがあるという。予約をネット化することで、いつでもどこからでも簡単に予約できるようになり、また事前決済で料金も明朗になる。美容室側にとっても、予約をネット化することで、予約管理業務が合理化でき、機会ロスの削減にもつながるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。