暴走する地方自治 田村秀著

暴走する地方自治 田村秀著

橋下徹大阪市長や河村たかし名古屋市長など、「改革」を掲げ勢いに乗る地方自治体の首長たち。世間の期待が高まるものの、その強引ともいうべき手法には時に批判もある。彼らは、本当に日本を変えることができるのか。

地方自治の研究者である著者は、大阪都、中京都、新潟州など、相次ぐ大都市再編成構想の矛盾点、懸念される国と地方の対立など、多くの問題点を指摘しながら、彼らの手法に疑問を呈している。地方の立場だけを強調しすぎれば、それは極端な地域エゴになりかねないとも主張する。

かつての改革派首長の政策と政治行動、その結果、地域経済が本当に活性化したのかなどを詳細に検証。地方自治に求められる真の姿を問う。

ちくま新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。