暴走する地方自治 田村秀著

暴走する地方自治 田村秀著

橋下徹大阪市長や河村たかし名古屋市長など、「改革」を掲げ勢いに乗る地方自治体の首長たち。世間の期待が高まるものの、その強引ともいうべき手法には時に批判もある。彼らは、本当に日本を変えることができるのか。

地方自治の研究者である著者は、大阪都、中京都、新潟州など、相次ぐ大都市再編成構想の矛盾点、懸念される国と地方の対立など、多くの問題点を指摘しながら、彼らの手法に疑問を呈している。地方の立場だけを強調しすぎれば、それは極端な地域エゴになりかねないとも主張する。

かつての改革派首長の政策と政治行動、その結果、地域経済が本当に活性化したのかなどを詳細に検証。地方自治に求められる真の姿を問う。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。