暴走する地方自治 田村秀著

暴走する地方自治 田村秀著

橋下徹大阪市長や河村たかし名古屋市長など、「改革」を掲げ勢いに乗る地方自治体の首長たち。世間の期待が高まるものの、その強引ともいうべき手法には時に批判もある。彼らは、本当に日本を変えることができるのか。

地方自治の研究者である著者は、大阪都、中京都、新潟州など、相次ぐ大都市再編成構想の矛盾点、懸念される国と地方の対立など、多くの問題点を指摘しながら、彼らの手法に疑問を呈している。地方の立場だけを強調しすぎれば、それは極端な地域エゴになりかねないとも主張する。

かつての改革派首長の政策と政治行動、その結果、地域経済が本当に活性化したのかなどを詳細に検証。地方自治に求められる真の姿を問う。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。