環境省の大罪 杉本裕明著

環境省の大罪 杉本裕明著

実は今ほど、官僚にとって居心地のいい時代はないのではないか。本書は環境省を俎上に載せ、その現実を描き出してみせる。

「政治主導」は、族議員はもちろん、省庁間の折衝をなくし、同時に権限が集中するはずの政務三役もほとんどが実務に疎い。むしろ今まで以上に官僚の振り付けどおりに動く。そして巨額の復興予算がついた。

かつての弱小官庁が、東日本大震災によって巨額の利権を手にする。「エコ」という言葉の裏側で「環境マインドなき環境官僚」では、どうしても震災がれき処理や除染事業が遅れる。それでも、専門家不在の「原子力規制庁」を傘下に入れて、何をしようとするのか。

怖いのは、跋扈(ばっこ)する官僚のモラルハザードだ。省内の検討会や研究会は、目的をかなえないためのアリバイ作りで設置するのがしばしばだという。その詳細を本書は眼前に見せつける。もう一段の行革は必要不可欠と誰もが納得させられるだろう。

PHP研究所 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。