環境省の大罪 杉本裕明著

環境省の大罪 杉本裕明著

実は今ほど、官僚にとって居心地のいい時代はないのではないか。本書は環境省を俎上に載せ、その現実を描き出してみせる。

「政治主導」は、族議員はもちろん、省庁間の折衝をなくし、同時に権限が集中するはずの政務三役もほとんどが実務に疎い。むしろ今まで以上に官僚の振り付けどおりに動く。そして巨額の復興予算がついた。

かつての弱小官庁が、東日本大震災によって巨額の利権を手にする。「エコ」という言葉の裏側で「環境マインドなき環境官僚」では、どうしても震災がれき処理や除染事業が遅れる。それでも、専門家不在の「原子力規制庁」を傘下に入れて、何をしようとするのか。

怖いのは、跋扈(ばっこ)する官僚のモラルハザードだ。省内の検討会や研究会は、目的をかなえないためのアリバイ作りで設置するのがしばしばだという。その詳細を本書は眼前に見せつける。もう一段の行革は必要不可欠と誰もが納得させられるだろう。

PHP研究所 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。